母が残した貴金属を買取に出したいです

母が亡くなってから3年が経ちました。

母は明るい人で 母がいたおかげで家庭が明るかったのだなあ、
と亡くなったあとに物凄く実感します。

特に父は 母が亡くなったあと、
本当に弱くなってしまって、
あまりにも寂しがっているので
微妙な提案ではありますが
後添えを取ったらいいのではないかと思うほどです。

母の残したものも、今だに手付かずの状態で家に残っています。

衣類から本、化粧品、アクセサリーまで。

でも先日3回忌の法要を終えて、ようやく、
そろそろみんな母のことを諦めなければならないのだと、
各々思うようになってきたようです。

父はこのまま悲しみの淵の中にいてはいけないので
とにかく母のことを思い出す手助けになってしまうものを
処分してしまおうと思っている、と言っていました。

でも実際に父の手でそれを行うのは難しいかもしれません。
口で言うほど易しいことではないでしょう。

そう思って 先日私が手伝いに行きましたが、
父はなかなか作業を進めることが出来ませんでした。

母は 貴金属を色々と持っていたのですが、
貴金属の買取は大阪のお店に持って行こうかと思っています。
父が買取のお店に これらの貴金属を持ち込むのは
ちょっと可哀想な感じがしそうなので 私が行きます。

父の手元に残すのは 結婚指輪位でいいと思います。

母が残した貴金属は ひとつひとつはそんなに高いものではないと思いますが、
結構数があります。

年代も様々なので 買取の際にどんな評価になることやら、です。